Item Shop World Stone
パワーストーン 広島   > パワーストーン教室内容詳細Q&A
 「パワーストーン教室内容詳細」 パワーストーンの魅力U
あなたも、クリスタル水晶や天然石と出合ったらそのパワーをぜひ体感してみてください。
1.アメリカのヒーラーの間では、古代に存在していた文明が信じられています。
その一つレムリア文明とは、伝説上、四大文明以前にアトランティスやムー大陸のように失われた大陸で発達した超文明で、現代文明とは違ったスピリチュアルで非常に高度な平和な文明を持っていたとされています。
伝説では、地球の地殻変動により1夜にして海に沈んでしまったそうですが、その末期を予知により悟った彼等はに次の人類のためにその叡智とメッセージを記憶させていた水晶を用意したそうです。
レムアンシード水晶は西暦2000年を過ぎてから見つかりました。
それは偶然ではなく必然的にこの時代の救済使命の意味を持って地球の数箇所に現れたのです。この水晶の特徴は、ワンド状の長い水晶の横の六角柱の側面に無数のバーコードのような模様(レムリアンリッジ)が特徴です。

不思議なことに採掘現場では、クラスター(群晶)ではなく巨大な水晶ドームの中に人工的に並べられたようにこのレムリアンシードの単結晶が見つかるのだそうです。(厳密にはクラスター状の水晶を分離したものはレムリアンシードと異なります)まるで、遠い過去からのタイムカプセルなのです。
このレムリアンシードは、地球の全体の内部(自己)・表面(社会)・宇宙の3つを繋ぐ石とされています。また、各地に存在するレムリアンシードとも繋がりって世界中のヒーラーを結びます。

使用方法は、ワンドに準じますが、枕元において眠るとレムリアとのコンタクトがとれ、あらゆるアドバイスがもらえます。他、詳しい使い方や奥義の使用方法も添付してお届けいたします。

レコードキーパーは、結晶面に少し盛り上がった上向きの三角形(レコード、成長丘)がある水晶のことです。パワーストーンの世界では、レコードキーパーは古代の記憶が刻まれている潜在意識の叡智を象徴しており、△はその入り口とされ、精神、肉体、霊性の調和をもたらし、そこから自分に必要な高度なメッセージを受け取り、より高い次元へ進む為の瞑想に使用されています。

カテドラル水晶とは複数の水晶が折り重なるように結晶を繰り返し、一体化して成長したものです。 その独特の外観がまるでヨーロッパの大聖堂のように見えることに由来しています。
大小、複数のピークや錐面が見られたり、結晶の柱面が複雑な凸凹状のカテドラル水晶特有の形状になります。

パワーストーンとしてのカテドラルクォーツの意味は、複数の結晶が一体化してできた美しい集合体である為、浄化力が非常に強く、多くの人々が集まって何かを達成する時やチームワークが必要な時などに力を発揮するとされています。
また、カテドラルライブラリーと呼ばれることもあり、これは、地球上で起こったすべての情報が記録されている保管庫のようなもので、過去の叡智や、人類が個人個人としてではなく、集合体として共有している知識にアクセスし、必要な情報を提供してくれるという説があります。

左水晶
水晶の成分は二酸化珪素ですが、これが螺旋状に結合し結晶を形作る際に右回りと左回りの2つがあり、右回りの結晶構造のものは左水晶、左回りのものは右水晶に区別されます。稀に、結晶錐面の斜め下側辺りに、S面やX面と呼ばれる小さい面が表れることがあり、この面が錐面の右側に出た結晶は右水晶、左側に出たものは左水晶です。自然界の右水晶と左水晶の割合はほぼ同等と言われています。
 宝石の性質
宝石の色の原因はむずかしいが、特殊なケースを除けば大体ルビーの色、エメラルドの色、トルマリンの色、トパーズの色と決まった色があり、それで見当はつきます。さらに細かく調べようとするときには、分光器(スペクトロスコープ)を使って、透過してくる光を分析してみると、その吸収する波長から、大体どの鉱物である かが決定される揚合が多い。だから、近頃細かい鑑別には分光器を用いることも多くなっている。
 光の屈折と反射
宝石、ことに透明な結晶鉱物の美しさには光の 屈折という現象が大きな関係をもっている。ダイヤモンドの輝き宝石が、その高い屈折率から生まれるという話は、宝石が語 られるときにいつも聞かされることです。では光の屈折とはどういうことなのでしょう。コップの中に水を入れ、その中にスプーンを挿し入れてみると、スプーンの柄 が水の表面 のところから折れ曲って見えます。お茶の入った茶碗に入れた箸も同様で、お茶の面のところから曲って短くなって見えます。 風呂に入って自分の足を見ると、足が短く縮まって見えるのも、お湯の表 面で光が屈折するからなのである。光は本来まっすぐに直線上を進むものなのだが、ある物質から別の物質の中に侵入するとき、その表面のところで方向を変える性質 があります。つまり屈折するのです。もちろんその表面に直角に入ったときは曲らずにそのまま進むが、少しでも 斜めにある角度をもってぶつかれば、そこで進行方向 を転換する。方向を変える角度はその物質のもつ性質によって、それぞれ異なる。そういう性質は透明な物質にはみな備わっているのであって、空気にしても例外では ありません。そして、宝石類は一般にその性質が強く、ダイヤモンドはそれが特に強いのです。

パワーストーン 広島  / 次はドラゴンボール・クリスタル  おすすめ情報  霊気レイキの習得