代替療法教室|海外と日本の比較

代替療法教室|海外、日本比較

代替療法のどこが優れているのかを調べるのは難しいですよね。このサイトは代替療法(代替医療) を比較評価しているサイト、さらに楽しい代替療法学習方法を紹介し、代替療法学習者が自分に合った代替療法教材を見つけるお手伝いをする ことが目的です。代替療法教材は安い物ではありませんから、自分に合わないもの、高価な割には効果が望めない代替療法教材などを買ってしまわないよう、事前に情報を充分に仕入れましょう。 

☆代替療法とは
  • 代替療法
    最近、テレビや書籍、インターネットなどでも、いろいろと紹介されているので、「代替療法」もしくはそれらを総称した「代替医療」という言葉を耳にしたこ とがある方も、はじめて知ったという方もいらっしゃると思います。今日の日本では、高齢化社会の急速な進展にともなう慢性疾患や生活習慣病の増加、医療費 の高騰や国民皆保険制度の破綻など現代西洋医学を取り巻く環境は厳しい。一方、代替医療は、健康の維持増進による予防医学として意義があり、慢性疾患に対 する医療としても効果が認められる。今後、日本でも代替医療の重要性が増してくることは間違いないでしょうが、代替医療が広く認知されるためには科学的な 検証が不可欠です。代替医療のうち、科学的根拠(エビデソス)が十分得られたものについては、現代西洋医学と融合し 「統合医療」 として発展することが 望ましいので、このページでは「代替療法」つまり、「代替医療」が何なのかを簡単にご紹介いたします。
    ●代替療法(代替医療)とは
    現在、私たちが病院で受けているいわゆる「医療」は、西洋医学の理論や技術に基づいたものです。「代替医療だいたいいりょう」とは、通常、私たちが病院で 受けている「医療」ではないもの(病院の「医療」に代わるもの)のことを意味します。つまり、東洋医学や民間療法など、西洋医学による治療法以外の様々な 治療法の総称を「代替医療」と言っているのです。具体的には、最近、最もポピュラーで身近なものとなっている健康食品(機能性食品)の活用をはじめ、アロ マテラピー(芳香療法)、リフレクソロジー、整体、針灸、あんまマッサージ、カイロプラクティック、ホメオパシー、さらにインドのアーユルヴェーダや中国 の漢方薬に代表される中国医学といった伝統医学、食事療法、ハーブ療法、その他には、薬草・気功などをはじめ、世界各地に古くから伝承されてきた民間療法 といったものが「代替医療」に当てはまります。ちなみに、米国ではAlternative Medicine(代替医療)と言いますが、英国ではComplementary Medicine(補完医療)つまり、西洋医学を補完するものとされています。現在ではこの2つをまとめて補完・代替医療 (CAM:Complementary and Alternative Medicine )と呼ばれています。

    ■代替医療の特徴
    「代替医療」の特徴は、保健・予防、ホリスティックな健康を目的として、自然治癒力の向上を図り、人間のライフスタイルを改善・向上していくところにあり ます。そのため、極めて毒性が少なく、患者さんに対して治療時にかかる身体への負荷の少ない治療法です。ただ、いわゆる近代(西洋)医療と比較すると、科 学的データや根拠に乏しいため、効き目が定かではないとされる傾向がありました。しかし、最近では代替医療に関する科学的データも増えており、驚くべき効 果を発揮するものも見受けられます。なかには近代医療では根治できない疾患に対して、代替医療による治療法で効果が認められるケースがあることも分かって きました。こうしたことからも、「代替医療」は少し前に話題となった「癒し系」という言葉で片づけられるような一過性のブームではありません。「代替医 療」は現在、世界的に注目されている新しい時代の医療の形であり、日本の医学界全体においても、ここ数年、大変注目されています。特に医療先進国である米 国では、かなり浸透しており、既に国民の4割以上が何らかの「代替医療」を生活の中に取り入れている程です。日本でも、ある調査によると、8割近い人が過 去1年間に何らかの補完・代替医療を利用しているという報告があります。

    ■代替医療が注目される理由
    ではなぜ、この「代替医療」が最近になってこれほど注目されているのでしょうか?それは現代の西洋医学(病院で行われている医療)だけでは対処しきれない 問題が多発してきたからです。例えば、医療問題としてもよく話題になっている最新医療機器の高額化に伴う医療経済の破綻をはじめ、環境汚染、医薬品の副作 用の問題、ストレスの多様化や深刻化、それに関連して今や誰もが陥る可能性のある「こころの病」の増大などが現在、大きな問題となっています。また、「が ん」や「AIDS」に代表されるような現在の難病と言われる病に対しても、従来の西洋医学的なアプローチが限界に達し、新たな側面からのアプローチへと変 わりつつあります。つまり、病気の原因となっている悪い箇所を部分的に捉えて、それらを薬剤や手術で取り除こうとするのではなく、「人間の肉体は各部分が 集まり、それらが全体として統合され、構成されているものである」、さらに「人間のこころと身体は密接に繋がっている」という全体的(ホリスティック)な 視野に立ち、人間のこころと身体が持っている本来の免疫力や抵抗力などの自然治癒力を活性化し、病気を治療、さらに予防していこうとする流れがあります。 これらの要因が大きく影響し、現在「代替医療」が注目されているのです。

    ■今や医療には代替医療が不可欠 代替医療2へ
    こうした世の中の流れを受けて、最近では、がん治療の現場でも化学療法の副作用の軽減や、治療中の患者さんの生活を改善することを目的として、機能性食品 を併用するといった代替医療を積極的に取り入れるケースが増えているのです。このように、感染症、急性期疾患は西洋医療、生活習慣病などの慢性期疾患は代 替医療として、治療法を棲み分けていこうとする流れが統合医療(Integrative Medical Care)と言われるものです。そして、世界的な医療の流れがこの統合医療へと向かいつつあります。その結果、日本でもこれからの新しい医療の形として、 この統合医療が確実に浸透しはじめています。ですから、これからは医療を受ける側である私たち一人ひとりの医療に対する姿勢としても、西洋医学だけでな く、症状や状況に応じて代替医療を柔軟に取り入れていくという観点が、私たち自身の健康を創造し、維持していくためにも、より大きな意味を持ってくるので はないでしょうか。

次は代替療法とは  鉱物特性パワーの見方選び

BikeBuying.com | mountain bike review