代替療法教室|海外と日本の比較

代替療法教室|海外、日本比較

代替療法のどこが優れているのかを調べるのは難しいですよね。このサイトは代替療法(代替医療) を比較評価しているサイト、さらに楽しい代替療法学習方法を紹介し、代替療法学習者が自分に合った代替療法教材を見つけるお手伝いをする ことが目的です。代替療法教材は安い物ではありませんから、自分に合わないもの、高価な割には効果が望めない 代替療法教材などを買ってしまわないよう、事前に情報を充分に仕入れましょう。 

☆自分に合った代替療法を探すための特徴

伝統医療-

気功(きこう)
-  気功の源流は、陰陽五行思想、古代医術やシャーマニズム、中国武術、導引や按摩など民間の養生法、仏教・道教などの宗教の修行法など多岐にわたります。 様々な行法の中から、病弱な人でも自分でできる効果が高いものを選び、簡単なことの繰り返しで成果が上がるように工夫されてきたものです。気功は大きく 「内気功」と「外気功」に分類されます。

内気功は、太極拳のように自分で鍛練して体内の気を循環させることで気を増幅させ、主に健康を維持、増進する目的で行います。 また、病気治療のために使われる場合もあります。これは、内気功の中でも軟気功と呼ばれています。 そのほか、硬気功として武術に使われる場合があります。 これは、気功師が体の特定の部分に気を集中させることでその部分を硬くし、相手の攻撃を無効化してしまう方法です。ゆっくりしたリズムの動きを繰り返すの が基本。静かに瞑想するのも「靜功」と言って内気功の一種です。

外気功は、気功師が患者に対して気を放射することで、患者の不足した気を補うと共に調整し、病気治療に役立てる方法です。患者に接触するもの、接触せずに 行うものがあります。いずれにしろ、患者はリラックスして気功師から放射される気を受けるだけで特別な知識や経験は必要ありません。接触せずに行う外気功 の中には、遠隔気功があります。これは、遠く離れた場所にいる患者に気功師が気を送る方法です。患者はどこにいようと、気を受け取ることができます。
感じ方は様々で、身体が揺れたり、熱さを感じたり、眠くなったり、感じない人もいますが、治療効果との相関関係はないようです。何も感じないからといって 気を受け取れないということにはなりません。気功を受けた後、あるいは次の日の朝起掛けなどにその変化に気づく場合があります。何度も気功を受けていると 気を体感しやすくなる傾向があるようです。

一指頭禅
一指頭禅(いっしとうぜん)とは、指の先に気を集中させる気功のこと。派によって、さまざまな一指頭禅が伝えられている。中国のある仏家気功においては、 入門希望者の資格試験として行われる。師は、だまって親指を一本立てて入門希望者に見せる。入門希望者は、親指の周囲の気の形を答える。つまり気の形が見 えるものは入門を許され、見えないものは入門を許されない。中国気功においては、気は目に見えて当然というわけなのです。日本の禅における公案の一指頭禅 とは、その内容をまったく異なります。

[気]
気は目には見えないが何らかの働きのあるものととらえることができます。伝統中国医学では気血と言えば、具体的に体を巡っているものと考えられ、西洋医学 で血液が血管を巡るのと同様に気は経絡を巡るものと考えられています。鍼灸治療はそうした気血の巡りをよくすることに主眼があります。気功の気は、明らか にこうした中医学の「気」のニュアンスを強く持っています。実際には、気は体内に、ある変化として感覚されるものを指すことが多い。そうした気の感覚のこ とを気感と言う。また、気は伝わる性質を持つ。例えば人から人へと瞬時にある状態が伝わる。そうした現象を利用して外気治療などが行われることがあるが、 あくびや笑いが伝染するように、そうした気の現象は日常生活の中に常にあります。また、公園で樹木と向き合ったり、海辺で波を感じたりしながら、自然界の 気と交流することも気功ではよく行われています。

[気の見方]
暗い部屋で、白い壁に向かって両手の手の平をかざし、手の甲を自分に向ける。 五本の指をすべて伸ばし、左手の中指と右手の中指を向かい合わせるようにする。 指と指の間を1cm位離して、視線は指ではなく指と指の間を見るようにする。 30秒ほど見つめ、視線は動かさず、両手を左右に広げる。 慣れてくると、両手の指先から気が放出しているのが見えるようになる。

 **注意**
気は鍛錬を積んで、初めて他人へ影響を及ぼすことができます。鍛錬を積んだ人間でも、他人の体に気を入れることは危険だと言われます。 気を使うと、逆に自分の体を悪くする。と言ったケースが多々あるように、あまり鍛錬を積んでいない人間が気を使うのは非常に危険な行為だと言えます。

次は代替療法とは

BikeBuying.com | mountain bike review