代替療法教室|海外と日本の比較

代替療法教室|海外、日本比較

代替療法のどこが優れているのかを調べるのは難しいですよね。このサイトは代替療法(代替医療) を比較評価しているサイト、さらに楽しい代替療法学習方法を紹介し、代替療法学習者が自分に合った代替療法教材を見つけるお手伝いをする ことが目的です。代替療法教材は安い物ではありませんから、自分に合わないもの、高価な割には効果が望めない 代替療法教材などを買ってしまわないよう、事前に情報を充分に仕入れましょう。 

☆自分に合った代替療法を探すための特徴

伝統医療-

漢方医学(かんぽういがく) 漢方医学の歴史
- 漢方医学(かんぽういがく)とは伝統的診断法によって、生薬による処方を行い、病を治療する方法、もしくは、その医学大系。これによって処方された生薬に よる処方を漢方薬と称す。また、漢方には、漢方薬による治療のみでなく、鍼灸や按摩、食養生などが含まれる。中国では、漢方と称することはなく、湯液と称 することが多い。 日本においては、漢方と称することが多いが、これは江戸時代、ヨーロッパ医学を蘭方と指すことに対して、使われた医学を指す。明治時代以降は、皇方・皇漢 方・和方・和漢方・東洋医学とも呼ばれた。尚、漢方医学という用語は、昭和初期に使用が始まった用語である。日本漢方という用語は、昭和後期より使用され ている。

症状を含めたその患者の状態を証(しょう)と呼び、証によって治療法を選択する。証を得るためには、四診を行うだけではなく、患者を医師の五感でよく観察することがまず必要である。

西洋医学では、患者の徴候から疾患を特定することを「診断」と呼び、これに基づいて疾患に応じた治療を行う。しかし漢方医学では、治療法を決定すること自体が最終的な証となる。例えば葛根湯が最適な症例は葛根湯証であるという。

証の分類と治療法の選択について、以下のようにさまざまな理論化がなされた。

[編集] 気血水理論による診察法
例えば気血水理論では、

気(き)
人間の体の中を巡っている仮想的な「生命エネルギー」のようなもの。
血(けつ)
体内を巡り組織に栄養を与える。血液がそれに近い。

水(すい)
血液以外の体液がそれに相当する。
の3つの流れをバランスよく滞りない状態にするのが治療目標になる。

治療法を決定するためには四診(望、聞、問、切)を行う。

望診(ぼうしん)
医師の肉眼による観察。体格、顔色、舌の状態等。特に舌の観察をもとにした診断を舌診(ぜっしん)と呼び重要視される。
聞診(ぶんしん)
医師の聴覚、嗅覚による観察。患者の声、咳の音、排泄物の臭いなどから診断する。

問診(もんしん)
漢方独自の概念はあるものの、基本的には西洋医学と同様に家族歴、既往歴、現病歴、愁訴を問う。西洋医学よりも詳しく、一見無関係な質問も行い、全身状態の把握に努める。

切診(せっしん)
医師の手を直接患者に触れて診察する方法。脈の状態から診断する脈診(みゃくしん)と腹の状態から診断する腹診(ふくしん)が特に重要である。

[編集] 陰陽
陰陽は様々な文脈で用いられた。病状が活動的で、表に現れる場合を「陽」と表現し、逆の場合を「陰」と表現する。

陰陽五行理論による診察法
『傷寒論』では分類用語であった陰陽は、宗代になると哲学的な文脈でも用いられた。同時に五行説が取り入れられるようになった。五行と五臓(西洋医学の臓器とは異なる概念である)との対応は次のように考えられた。

木 - 肝
火 - 心
土 - 脾
金 - 肺
水 - 腎

表裏と虚実
実は体力の充実している状態、虚は体力の衰えている状態であるが、体のどこが虚しているかが重要である。

表実証 - 悪寒、頭痛、発熱があっても発汗しない
表虚証 - 悪寒、頭痛、肩こりがあり、脈が浮弱で、発汗しやすい
裏実証 - 腹部が充満し、便秘・口渇があり、脈が沈で力がある
裏虚証 - 腹部が力なく、食なく、下痢・嘔吐しやすく、脈が沈で弱い

排毒
漢方医学における体からの毒素を排出する際に重視したもの

吐方(とほう)吐かせる
汗方(かんぽう)汗をかかせる
下方(げほう)下痢をさせる
などの施術があげられる。

西洋医学との比較
漢方医学のこれらの理論は、のちに西洋医学から「非還元主義的である」「非科学的である」「あんなものは医学ではない」などと批判されることとなる。しか し、漢方医学はもともと非還元主義的な、直感主義的な診察を選り好んで採用してきたのではなく、漢方医学が発達を遂げた古代から中世までの時代において は、そうした診察法しか方法論的にありえなかった、という反論がなされている。また逆に、西洋医学に基礎をおく現代の医療が、「還元主義的な医療」を念頭 に置くあまり臨床検査データに頼りすぎ、それゆえにかえって見えなくなる領域、治せなくなる病症がある状況を鑑みれば、非還元主義的な漢方医療が現代にお いては、それに対する欠くべからざる補完的役割を果たしていることが指摘される。さらに「患者を医師の五感でよく観察すべし」という診察法は、どのような 医学を修めた医師にとっても共通の指針であるともいえよう。教程の説明も豊富にあります。まずはここから情報収集してみては。このサイトの一番のお勧めで す。 Go Now!

次は漢方医学2

BikeBuying.com | mountain bike review