代替療法教室|海外と日本の比較

代替療法教室|海外、日本比較

代替療法のどこが優れているのかを調べるのは難しいですよね。このサイトは代替療法(代替医療) を比較評価しているサイト、さらに楽しい代替療法学習方法を紹介し、代替療法学習者が自分に合った代替療法教材を見つけるお手伝いをする ことが目的です。代替療法教材は安い物ではありませんから、自分に合わないもの、高価な割には効果が望めない 代替療法教材などを買ってしまわないよう、事前に情報を充分に仕入れましょう。 

☆自分に合った代替療法を探すための特徴

伝統医療

アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダーはインドの伝統医学である。少なくとも紀元前1000年以上前に起源をもち、現在に伝わる様式に体系化されたのは、紀元前五世紀から紀 元五世紀頃とされる。アーユルヴェーダは、バラモン教、仏教、ヒンドゥー教の流れを受け継ぐ。サンスクリットでアーユルは生命、ヴューダは聖典を意味す る。現在、インドでは五〇〇万人のアーユルヴェーダ医が医業を実践しているという。アーユルヴェーダに由来する代替医療としてはヨーガがもっとも有名だろ う。その他、ある種の瞑想法、ハーブやアロマテラピーの一部などがある。日本でダイエット・サプリメントとして人気のあるギムネマは、アーユルヴェーダで 用いられてきたハーブの一つだ。アーユルヴェーダの思想は宇宙論にまで及ぶが、我々のからだに関係する考えとしては「ドーシャ理論」がある。アーユルヴェーダによると、我々のからだには ドーシャという三つの力、ヴア一夕、ピック、カバが働いており、あらゆる生命活動を司っているという。また、アーユルヴェーダでは、診断のために視診、触 診、問診が用いられ、特に脈診が重視される。そして、どの臓器に不均衡が生じているかが診断され、それはドーシャの不均衡を示す。治療は、ドーシャのバラ ンスを回復することだ。具体的には、その患者のドーシャの状態にあわせて、勧められる食べ物や避けるべき食べ物などが決められ、起床や就寝の時間などが選 択される。ヨーガや瞑想、呼吸訓練についても指示される。さらに、からだから毒素を取り除くための「浄化」がおこなわれる。この浄化療法は、パンチャカル マと呼ばれる。
 WHO(世界保健機関) の調査によると、現在、アーユルヴェーダはイソドやパキスタン、バングラデシュなどの南アジアを中心に実践されている。また、 アメリカでは二つのタイプのアーユルヴェーダが利用されている。一つは伝統的なアーユルヴェーダであり、もう一つは二〇世紀後半にマハリシ・マヘッシ・ ヨーギによって始められたマハリシ・アーユルヴェーダである。日本では、日本アーユルヴェーダ学会が研究会を開催するなど普及と実践に努めている。
人間の本質は、エネルギーそのものであり、自然と調和して生きている状態では常に健康であると考えます。しかし、自然とかけ離れた生活をおくっていること で、自分にあわない食事・ライフスタイルをおくっているとココロとカラダにかげりが生じ、病気に繋がると考えます。ココロとカラダをいつでもクリーンに し、本当の自分を取り戻す!これがアーユルヴェーダの目指す世界です。心、体、行動や環境(西洋医学の父といわれるヒポクラテスも重視した)も含めた全体 としての調和が健康にとって重要とみる。アーユルヴェーダでは病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作ること、病気を予防 し、健康を維持するという「予防医学」の考え方に立っている。より具体的には、ドーシャ(元素)のバランスが取れていること、各ダートゥ(肉体の「構成要 素」の意)がきちんと消化されていること、不快な状態がないことなどが健康の条件となる。

診断を大きく分けると、問診(プラシュナ) 触診(スバルシャナ) 視診(ダルシャナ) 聴診(サブタ・パリクシャー) に分類できる。

視診には、舌診(ジフワ・パリクシャー)、眼での診断(ネトラ・パリクシャー)など、触診には、脈診(ナーディ・パリクシャー)、他に便や尿、痰などの排泄物でも診断を行う。アーユルヴェーダの浄化法は可能な限り身体に負担を掛けないように時間を掛けて、過剰なドーシャやアーマを身体外に排泄させるために1.前処置→2.中心処置→3.後処置の順番で施される。

アーユルヴェーダの本場インド(特に南インド・ケララ州が盛ん)では、患者の症状に合せて生薬で作られたオイルやGhrita(生薬の成分が含まれたギー)Kwatha(煎じ薬)Choorna(生薬の粉末)などを選択し治療のプログラムが決められる。上記したようにアーユルヴェーダでは生薬を含んだオイル(100種類以上・生薬1:オイル4:水16の割合で作られる)が使用されるが、日本のサロンのほ とんどではシローダラー(額のチャクラに垂らす)を胡麻油やアロマオイルで行っている。また最近では業者のアドバイスからアーユルヴェーダのマッサージオ イルを希釈して使用しているサロンもある。

アーユルヴェーダは症状別にエラキリ、ナヴァラキリ、ピリチル、ウドゥワルタナ、パンチャカルマなど40種類以上の治療法があるが、浣腸法などのパンチャ カルマは日本では医師しか施すことができない。また最近、ネトラタルパナ(ギーを眼球に浸す)で眼病を引き起こしたり、カーナプラーナ(点耳)で難聴を引 き起こす可能性があるため、これらの施術を行っているサロンは医師法に抵触する怖れがある。近年は、ヨーガと並んでインド式美容、インド式セラピーの方法論として女性向けの雑誌・エステなどで取り上げられることが多く、人気のセラピーになっている。教程の説明も豊富にあります。まずはここから情報収集してみては。このサイトの一番のお勧めです。Go Now!

代替療法教室へ戻る


パワーストーン広島 /  次はヨーガ (Yoga)

BikeBuying.com | mountain bike review