代替療法教室|海外と日本の比較

代替療法教室|海外、日本比較

代替療法のどこが優れているのかを調べるのは難しいですよね。このサイトは代替療法(代替医療) を比較評価しているサイト、さらに楽しい代替療法学習方法を紹介し、代替療法学習者が自分に合った代替療法教材を見つけるお手伝いをする ことが目的です。代替療法教材は安い物ではありませんから、自分に合わないもの、高価な割には効果が望めない代替療法教材などを買ってしまわないよう、事前に情報を充分に仕入れましょう。 

☆自分に合った代替療法を探すための特徴分類
  • 食事療法・自然療法
    ●食事療法・絶食療法
    食事によって治癒力を高める方法の総称。特定の食事法のほか、生体へのダメージを減らし、修復する食事(農薬や添加物などの科学物質を避けるなど)をする、ショウガやニンニクなど薬効のある食べ物をとる、などが基本となる。専門家の指導のもとに食事を断つことで、疲労状態にある胃腸や肝臓、 すい臓などに、完全な安静と休養を与え、本来の自然治癒力・生命力 を呼び起こす療法。
    ●マクロビオテック
    中国の陰陽思想をもとに桜沢如一が開発した、独自の哲学に基づく食事・生活法。無農薬の穀物、土地でとれる旬の野菜、海草、伝統製法の味噌、醤油、自然塩などを食べることで、自然のリズムに調和した健康な身体をつくる。「玄米菜食法」として知られる。
    ●薬膳療法
    マックス・ゲルソン医学博士が1930年代に開発した食事療法。当初は結核治療に用いられたが、現在はがんの退縮・再発予防に用いられる。大量の生野菜・果物ジュース、脂肪・動物性たんぱく質抜きの食事、およびコーヒー浣腸やひまし油浣腸などが特徴。●健康食品・サプリメント
    「健康補助食品」「栄養補助食品」「機能性食品」などと呼ばれ、ビタミ ン・ミネラルをはじめ多くの種類がある。不足する栄養成分の補助のた めに用いられてきたが、積極的に病気の予防や治療手段として用いら れたこともある。
    ●酵素栄養療法
    専門家の指導のもとに食事を断つことで、疲労状態にある胃腸や肝臓、 すい臓などに、完全な安静と休養を与え、本来の自然治癒力・生命力 を呼び起こす療法。
    ●養生法
    食事や運動、リラクセーション、自然環境の中での生活を重視し、温泉や 鍼灸・指圧などの自然で伝統的な療法を生かして、自然治癒力を高める 方法。
    ●ハーブ医学
    中国の漢方薬同様、西洋で伝統的に使用されてきた薬草医学の体系。ティー、チンキ剤、サプリメント、軟膏などの形で用いられ、アロマテラピー も広義のハーブ医学に含まれる。
    ●アロマテラピー
    植物の芳香揮発成分、「精油(エッセンシャルオイル)」を用いる療法。 精油の持つ殺菌消毒作用、免疫賦活作用など体への働き、抗うつ作用、 鎮静作用など心への働きを、香りの吸入・マッサージによる皮膚呼吸な ど複数の経絡で取り入れ、利用する。
    ●ビワの葉温圧療法
    (詳細は「ガンを治す大事典−治療法のすべてがわかる本」帯津良一著・二見書房を参照。)

代替療法教室へ戻る


パワーストーン広島 /  次は体を動かす癒す療法

BikeBuying.com | mountain bike review