宝石の一大消費国である日本。その鉱物が日本でも採集できる
自然のエネルギーが持ち主に様々な作用を及ぼすという パワ−ストンの波動やエネルギー、
見えないけれども確実に身の回りに 存在するものを感じ取っていただき体や心の癒しに役立てます
「鉱物」辞書を引くと(天然に産する物。ほぼ一定の化学組成と、通常ほぼ一定の結晶構造を持つ固体=『大辞林』=)とある。
 パワーストーン 広島 日本の鉱物産地マップ
トパーズ(黄玉)、サファイア、ルビー(綱玉石)等の鉱物が日本でも採集できるのです。
ストーンヘンジ ⇔ストーンヘンジ
鉱物は日常生活とは無稼の存在のようですが、鉱物を溶かして作ったガラスのように、鉱物や鉱物から作れたものは身近に存在します。でも、最も関心の持てる鉱物といえばやはり宝石でしょう。実感しやすいのはダイヤ モンド、水晶、アクアマリン、トパーズ、サファイアといった宝石類の原石。宝石の一大消費国である日本は、原石の多くを輸入に頼っている。と ころが世界産出量から見ると微々たるものですが、その鉱物が日本でも採集できるということは、意外と知られていません。(ダイヤモンドはまだ 発見されていませんが)。代表的なのはトパーズ(黄玉)。トパーズは全国各地で採集することができるが、大きな結晶や宝石と成り得るものは滋 賀県と岐阜県に多く見られる。特に岐阜県の苗木地方は、大ペグマタイト地帯として知られており、そこで産出される。また、普通トパーズという とほとんどが黄色だが、ここでは透明なトパーズやブルー、ピンクといったものまで採れる。ガーネット(ざくろ石)も各地に産地がある。茨城県 で採集できるガーネットは、一級品を産出することで知られる。かわいらしい赤い色をしていて、母岩から分離した1−2センチの丸い結晶となっ ているのが特徴。福岡県の石川地方は、10センチもある大きな結晶が産出される。さらに長野、埼玉、山梨の三県の県境近くに、金峰山は五色の 柘榴石が採れる岩手県のサファイア産地は県の天然記念物指定地になつているので、むやみに採集したり持ち帰ったりすることはできない。海をイ メージさせる淡いブルーの宝石、アクアマリンが採れるのは佐賀県。緑色の緑柱石は各地で採集できるが、海水色の石が採れるのはここだけ。この 緑柱石は母岩が白い石英でできているため、ブルーと白の調和がとても美しく、息をのむほどだという。最後にルビー(綱玉石)。ルビーの産地は 四国の山奥と岐阜県の山奥の二カ所が有名。両方とも産地にたどり着くまで険しい道のりを歩かなければならない。薄い緑色のクロムがルビーを包んでいるさまは、一見の価値がある
日本で採れる主な宝石の産地マップ   
      原石 ヒスイ   新潟県糸魚川市など
          原石 サファイア 富山県庄川流域など
           原石 アクアマリン 佐賀県富士町など
              原石黒曜石 佐賀県伊万里市など
               原石 ルビー 岐阜県白川村など
                       原石トルマリン  岩手県三陸町など
                            原石 オパール 福島県西会津町など
                               原石 ガーネット 長野県諏訪市など
                                原石スピネル 岐阜県春日村など
                                   原石ベリル 岐阜県中津川市など
                                      原石 トパーズ 岐阜県中津川市など
日本の国の石水晶の世界
 水晶の結晶は2種類の面が交互に現れる六角錘状をしています。普通は、結晶形のハッキリとした「石英」のことをいいます。また、「長石」とも呼ばれ、地球上で多く存在するものです。別名は「クォーツ」 です。
 古代から装飾品として愛用され、外観によって多くの名前がつけられてきました。古代は、水が凍ってできたものと信じられ、クリスタルは 「氷」を意味するギリシア語に由来しています。

 水晶の中で唯一、宝石として扱われているのが「アメジスト(紫水晶)」です。深い紫色が魅力的です。
 水晶は、日本の国の石 (国石) に指定されている天然石です。これは、日本が良貨な水晶を多く産出しいたためです。現在でも、各地で産出されますが、中でも、山梨県甲府市、岐阜県中津川市、愛知県春日井市などのものは有名で、とくに山梨県の乙女鉱山は、明治から昭和の時代に盛んに採掘され、標本用としての見事な結晶のものを産出しました。
 さらに輸出もされましたし、工業用にも使われました。しかし、1980年頃に廃鉱になりました。

それは、鉱山が枯渇したのではなく、海外から輸入したはうが安くて良質なものが手に入るようになったからです。ですから現在でも水晶は産出すると言われています。ちなみに、この鉱山に行く道は 「水晶峠」と呼ばれています。 世界的に有名な産地はマダガスカルや、ブラジルのミナスジェライス州などで現在でも盛んに採掘され、輸出されています。
 水晶は4月の誕生石で、石言葉は 「完璧、冷静沈着、神秘的」というものです。水晶は、万能の天然石といわれパワーストーンの代表とも言われています。 また、水の化石、氷の精と考えられ、精霊が宿ってすべてを洗い流し、浄めてくれる万能のパワーをもつとして、現在でもお守りとされています。

○コミュニケーション
       ブレスレットを重ねつけしても大丈夫?
 石にも相性があります。数多くあるパワーストーンの相性を、ひとつひとつ確認するのは大変ですから、まずは重ねつけをしてみて、どんな感じがするのか様子を見てみましょう。体が重く感じたり、何か変化があった場合には、つける時間を短くして徐々に慣らしていきます。
 それでも違和感が消えないときは、石との相性がよくないと判断してください。重ねつけが自分に合っているかどうか、ダウジングや筋反射で確かめるのもよいでしょう。

 パワーストーン 広島  /  次はトルマリン鉱石